191203-1-001.png

中国へ留学する日本人学生が10年で7割増加。中国企業への就職を目指す学生も。

中国企業が日本の大学卒業者の間で人気を集め、就職活動中の日本人学生で中国企業に目を向ける人がますます増えている。
規模の大きさと成長の可能性の大きさが、中国企業のもつ独特の魅力だ。
多くの日本人学生が中国語をコツコツと勉強し、日中の舞台で輝きたいという夢を抱いている。環球時報が伝えた。

報道によれば、日本の就活生の間で中国企業の人気が高まると、中国留学の人気も上昇した。
日本学生支援機構がまとめた統計データでは、17年度に中国に留学した日本人学生は約5千人で、10年前より70%増加した。
中国は米国、オーストラリア、カナダに次ぐ4番目の留学先だ。
日本人留学生は中国語専攻を選ぶ人が多く、経済学や医学などの専攻を選ぶ人もいるという。

日本の海外就職研究家の森山たつをさんは、「アリババ集団が記録的な売上を達成して話題になったり、華為(ファーウェイ)のスマートフォンが店頭に並んだり、中国企業が身近になってきた。日本人学生が抱くイメージも変わり、就職先の選択肢に入るようになったのだろう」と分析した。

しかし中国で生活し、働くのは容易なことではない。
中国政府の外国人へのビザ発給要件は学歴や仕事のキャリアなどによって異なる。
千葉の大学に通う女子学生(21)は父親の仕事の関係で中国に9年間住んでいたことがあり、流ちょうな中国語を話す。
取材に対し、「就労ビザの申請が難しかったので、卒業してすぐ中国企業で働くことはあきらめた。来年春から日本の金融業で働く予定だ。就労ビザ申請の条件が整ったら、中国企業に転職するつもり」と話した。




中国の反応を読む

191202-1-001.png

日本の企業「弊社は中国人を採用しません」 中国人「小日本はいまだに20世紀を生きてるな」

中国人に対する印象が前世紀で止まっている日本人も少なくない。
この20年で、中国人と中国社会は激変した。
しかし、日本人にとっての中国人のイメージは、80年代90年代のままだ。

先日、東京大学の特任教授である、とある日本人社長が「弊社では中国人は採用しません」とSNSに書き込んだ。
この書き込みは炎上し、東京大学が「この書き込みは東京大学とは関係ありません」と公式発表した。
しかし、この社長に同意した日本人も多数いた。

80年代90年代の日本は、中国の一般庶民にとっては憧れだった。
日中関係も良好で、文化も似ていた。
日本はバブルに沸いていて、中国は文化開放が始まったばかり。
その頃の中国人は、日本へ行ってお金を稼ぐことが目標だった。

日本人は「中国人は採用しない」と言っているが、問題はそこではない。
問題は、中国人はすでに「日本で働こうと思っていない」のだ。

今の中国の経済力は、日本を超えている。
中国の都市部は急速に発展し、スマホで出前を頼み、スマホで料金を支払い、移動はシェア自転車という生活をしている。
これはすでに中国の日常であるが、日本では非日常の段階だ。
また、東京のスタバと北京のスタバでは同じ味のコーヒーを飲めるし、日本のコンビニにあるものは中国のコンビニにもある。

中国はすでに日本を超えた。
日本にあるものは中国にもあり、さらに日本よりも便利で快適に使うことができる。




中国の反応を読む

191201-1-001.jpg

日本の天皇って女性はなれるのか?

皇族だけじゃなくて、民間人でも良いのかな。
俺は蒼井そらがなればいいと思う。
みんなはどう思う?




中国の反応を読む

191130-2-001.jpg

日本人は中国に戦争で負けたことはないと思ってる

中国は第二次世界大戦の戦勝国なのに、日本人は認めないようだ。
日本が負けたと思ってるのはソ連、アメリカと中華民国国民党政権であって、今の共産党政権の中国に負けたわけではないと。
歴史的にも、中国は2度日本に負けていて、1度も勝ったことはないと。
実際どうなの?




中国の反応を読む

191130-1-001.jpg

多くの日本に恨みを持つ人がこう言う

人間性がなく残虐だ!などといった類の言葉を使う。
日本人は我々の土地で罪を犯した。
これは確かにほとんどの人の恨みを買う行為だ。
でも、戦争ってそういうもんだぞ?




中国の反応を読む

191129-1-001.jpg

日本人750人が論語を暗唱してギネス記録に認定されたらしい

江戸時代に藩校で論語を教えていた栃木県壬生町で24日、町民およそ750人が一斉に論語を暗唱し、同時に暗唱する人数のギネス世界記録に認定されました。

この挑戦は、江戸時代に壬生町にあった藩校で論語を教えていた歴史をPRしようと、町の教育委員会や漢文の専門家などが町の人などに呼びかけて行われました。
会場となった城址公園ホールでは学校で論語を習っている小学生を中心に、3歳から90代までの818人が参加しました。

挑戦は、孔子のことばを同時に暗唱する人数の最多記録に挑むもので、公式認定員の合図でスタートすると、参加者たちは拍子木のリズムに合わせ、論語の18の章句を一斉に暗唱していきました。
記録を達成するには暗唱が5分以上続く必要があり、計測した結果、途中でことばを忘れてしまった人を除く748人の暗唱で世界記録に認定されました。

家族で参加した40代の母親は「世界記録になってビックリです。頑張って良かったです」と話していました。
実行委員会の代表で壬生町教育委員会の田村幸一教育長は「大変うれしいです。練習してきた皆さんの今までの苦労が報われた気持ちになりました」と話していました。




中国の反応を読む

191128-1-001.jpg

第二次世界大戦で日本軍が使った戦車がひどすぎる

周知のとおり、第二次世界大戦中に日本は軍国主義に基づき各地を侵略し、周辺国家に大きな影響を与え、最終的には日本人に悲惨な結果をもたらした。
とある日本のネット民が、「第二次世界大戦で日本軍が使った戦車がひどすぎる、これはおもちゃか?」というスレを立て、ハナと呼ばれる戦車を紹介した。
見た目は粗末で、自転車のような車輪があり、人力で走らせるというひどいものであった。
これについて日本のネット民たちがコメントを寄せた。




中国の反応を読む



日本のドラマに出てきた中国人のイメージが酷い

日本のドラマ『深夜食堂』のワンシーン。
中国人客が、「スキャンしてくれるか?ワタシがスキャンするか?」と聞いたところ、日本人オーナーが「キャッシュオンリー!」と言っている。
日本のお店は中国のスマホ決済を導入しろよ!




中国の反応を読む

191126-1-001.jpg

GDP世界一なのになぜ中国は日清戦争で負けたの?

日本のネット民がこんなスレを立てた。日本と清朝の仇に発生した日清戦争(甲午戦争)、当時清朝は世界一のGDPを有していたのになぜ負けたのか?

当時の日本のGDPは清朝の5分の1だったが、不思議なことに清朝は日本に負けてしまった。国の実力はGDPだけではない。工業、農業、サービス業もGDPには含まれる。GDPの数字が同じでも発展レベルが同じとは限らない。農業国と工業国では全く状況が異なるのだが、「日本と清朝はまさにそうだった」。日本は明治維新の後、各領域で西洋から制度、文化、技術、そして生活様式まで取り入れ、徹底的な改革を実現した。そして工業化を急速に進めたのだが、「中国は違っていた」。中国が西洋から学んだのは「単純な技術のみだった」、そして如何なのは縁木求魚(目的に合わない方法を取り、成果が得られないこと)になってしまったということだ。
これについて日本のネット民たちは議論を交わした。




中国の反応を読む

191125-1-001.jpg

世界各国の問題解決法一覧 日本人には中国のやり方が人気

日本のあるネット民がネット掲示板で「外国のネット民がまとめた各国の問題解決方法」というスレを立て、コメントが寄せられた。特に中国のやり方が好まれているようだ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事