200109-1-001.jpg

第二次世界大戦後、なぜ中国は日本を占領する絶好のチャンスを放棄したのか?

日本のあるネット民が、中国のサイトに投稿された「第二次世界大戦後、なぜ中国は日本を占領する絶好のチャンスを放棄したのか?」という文章で「日本の投降後、連合国が日本を四分割する提案をし、アメリカ、ソ連、中国、イギリスがそれぞれ占領することで意見が一致した。だが実際には中国は占領を拒絶した。なぜ当時の中国は大きなチャンスを逃してしまったのか?」という内容が書かれていたことについて文句を言いたいようだ。




中国の反応を読む

200108-1-001.jpg

なぜ日本人は二文字の姓なのか?中国人と韓国人は一文字なのに

中国人の姓は基本的に漢字一文字だ。中国文化の影響が強い韓国人の姓も漢字一文字。
しかし、日本人の姓には漢字二文字が多い。
何故だろうか?




中国の反応を読む

200107-1-001.jpg

日本人は中国人の末裔なのか考証してみた

歴史に詳しい人なら、日本と中国の交流は唐時代から始まっていた事を知っているだろう。当時の唐は世界で最も強い国であった。
日本人が中国人の末裔かどうかについて、5枚の写真で真相を教えよう。




中国の反応を読む

200106-1-001.jpg

なぜ日本人は中国を「シナ」と呼ぶんだろうか?

なんで?




中国の反応を読む

200105-2-001.jpg

日本が中国から盗んでオリジナルよりも素晴らしいものにした文化

西暦630年、日本の舒明天皇は初めて遣唐使を使わせ、中国文化を学び取った。
その後264年間に渡り、日本は遣唐使を派遣した。日本は天文学、医学、儒学、建築学など唐文化を学んだ。
そして日本はこれらの文化を自分たちの民族に合うように改良し、発展させていった。

和服。
唐時代の民族衣装が和服の“祖先”と言える。現在の和服は、唐時代の民族衣装と似ている。帯の後ろ姿が違うくらいだ。
和服は唐時代に日本に伝えられ、その後数百年経っても、大きな変化はしていないという。




中国の反応を読む

200105-1-001.jpg

「日本が明が滅ぼした」って日本人が言ってたけど本当?

日本が朝鮮半島に侵略したことにより、明も朝鮮に派兵した。
日本、明、朝鮮は朝鮮半島で数年戦ったが最終的に講和。
明はこの戦争で大きな痛手を負い、それが引き金となって明は滅亡したと日本人が言ってたけど、本当なのか?




中国の反応を読む

200104-2-001.jpg

日本人に「侵略した中国に対して申し訳ないと思ってる?」と聞いた結果・・・

まずは回答を教えよう。

「日本人は全く申し訳ないと思っていない」

中国は元朝チンギス・カンの時代には軍事力が世界最強だった。ヨーロッパにまでその勢力は及んでいた。
今の中国人は、その時代に中国が侵略していった国と民族に対して申し訳ないと思っているだろうか?
「あの時代は世界で最も強かった」と自慢するだけだろう。

正に完全論破された。
自分が侵略されたと思っていても、強大な力を持ってる国にとっては領土拡大の通り道であって誇りの歴史でしかないのだ。




中国の反応を読む

200104-1-001.jpg

なぜ中国があんな小さな小日本を恐れるのか?

小日本の国土は小さいが、経済と軍事力は大きい。この点は第二次世界大戦で実証済みだ。
工業技術と経済においては小日本にかなり勝っていたアメリカも、軍事力の面では負けていた。
戦後から現在に至るまで、アメリカは小日本のために平和憲法をつくり、日本が軍隊を持つ事を禁止している。アメリカはこのような手段を利用し、小日本がまた人を傷つける事を防いでいる。

中国の軍事力はすでに世界一流である。アメリカとロシアに肩を並べるほどだ。小日本の海軍のレベルは高く、将来的にはF-35を搭載する軽航空母艦を4隻所有するつもりだ。


200104-1-002.jpg


そして、小日本は核兵器も造ろうと思えば造れる技術がある。必要であれば、短期間に1500発もの核爆弾を造れる実力がある。
もし小日本の核所有が実現すれば、アメリカは小日本をコントロールできなくなるだろう。
今の小日本の右翼勢力は、戦後最大に盛り上がっている。小日本の一挙手一投足は、国際社会とくにアジア各国は注目しておくべきだろう。




中国の反応を読む

200103-2-001.jpg

イギリスと似た条件の日本はなぜ世界覇権国家になれなかったのか?

世界地図を開き、イギリスと日本を対比すると、あることに気付くだろう。両国共、大陸に近い島嶼型の国家なのだ。しかし、なぜイギリスは世界を制し不落の帝国を築いたのに、日本にはできなかったのか。それは重要な原因が内在していた。




中国の反応を読む

200103-1-001.jpg

滅亡に向かっている日本と未来が明るいドイツの差は、過去の歴史に向き合ったかどうかの差

日本は少子化高齢化で、経済は悪化の一途を辿り、滅亡に向かっている。
一方のドイツは、経済も良好で、EUのリーダー、今後の未来は明るい。
歴史問題と国家の繁栄には深い関係がある。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事